シリンダーにも種類がある?その特徴と性能とは

鍵やシリンダーには色々な種類があると言われていますが、どんな特徴があるのでしょうか?

日本で一般的なシリンダーの一つであるディスクシリンダーは、リーズナブルで合鍵も作りやすいですが、シンプルな構造でピッキングされやすいため防犯性能でリスクがあるのです。

ピンシリンダーも日本で多く使われていますが、こちらも構造が単純なためピッキング被害に遭いやすいため、他の防犯対策が必要不可欠ですよ。

ディンプルシリンダーは、鍵に窪みが付いていますがギザギザがないため合鍵の作成が難しく、内部の構造も複雑なので高い防犯効果が期待できるのです。

ロータリーディスクタンブラーは、ディスクシリンダーよりも複雑な内部構造になっていて、偽物の鍵では回らないようになっているため防犯性能が高いのです。