年末年始に注意!帰省前にやっておくべき防犯対策

帰省を考えている人も多いかもしれませんが、年末年始は特に空き巣による被害が増える時期だと言われていますので、自宅を不在にする場合には防犯対策をきちんとやっておく必要がありますよ。

空き巣に狙われやすい家の特徴として、夜なのに照明が点いていないというのも留守だとバレやすいですから、タイマーでライトが点くように設定しておきましょう。

また、新聞を取っているなら、郵便受けに新聞などの郵便物が溜まらないように対策をしておく必要がありますし、留守番電話に設定するのもNGですから、スマホに電話が繋がるように設定したり、自宅に住人が居るかのように見せかけましょう。

まず大切なのはドアや窓の施錠ですから、しっかりと施錠したり補助錠を活用して対策を行いましょう。